チビ(10歳のトイプードル)のアレルギーがひどくなってお腹の辺りの毛が抜けています。それ程痒がってもいないのですが、抜け毛が気になって午後獣医に連れて行きました。

ペットクリニックの駐車場に着くと隣に一足早く止まった車から親子3人が出てきました。ご夫婦は50代、息子さんは20歳くらい。奥様はご主人から抱えられるようにしてペットクリニックの方に歩いて行きました。

私は運転中に聞きかけのニュースを聞き終わると、1足遅れてチビを抱いてクリニックに入っていきました。カウンターには先ほど見かけたご主人と息子さんがナースを待っています。私は二人の後ろに立って静かなクリニックの待合室でチビを抱きながら自分の番を待っていましたら、私の後方で女性の啜り泣きが聞こえました。振り返ると先ほどの奥様が毛布に包んだ犬を抱いて座っています。きっと犬が大変な病気で悲しんでいるのだろうと思いました。

長い沈黙の後、やっとナースが受付に現れて、私の前に待っていたご主人に「準備ができましたよ。痛みは全然無いので心配しないで。あとは火葬で良いのですね。看取らなくても良いですか。」と言いました。

「痛みが無い…火葬…看取る」の言葉で私はなぜ後の奥様が泣いていたのか分かりました。そのナースの言葉で奥様は声を出して泣き始めました。思わず私も声を出して泣き始めました。その後ご主人は彼女の抱いていた犬をそっとナースに渡したようでした。私はチビに顔を埋めて泣いていました。そしたらその部屋で待っていた他の人達も皆泣いていました。

安楽死を選ぶのにはそれなりの理由があったのでしょう。もしもし自分が同じ境遇に直面したら、最後までペットを抱いていたいと思いました。今日は思い出す度に涙がとまりません。

追記:アネッサさん、これが例のタオルです。多分広げたら正方形のハンカチタオルになるのではないかと思っています。解く時どう折ってあるのがよく見ておきます。

towel