両親がこの家に初めて日本から遊びに来たのは
1979年の丁度今頃
父は玄関に入って寝室に荷物を置くなり
孫と一緒に庭に飛び出して
先ず何を始めたかというと
孫の為にブランコ作りでした

父は無頓着な性格で(はい、O型です)
裏庭に大きな銀杏の木を見るなり
板をのこぎりで切り始めました
あり合わせの材料でできたのが
何とも心もとない
何時落ちてもいいようなブランコでした
私と夫はその後何度作り直そうと思った事か

ブランコ

そうこうしているうちに
10年経ち
中学生になった子供達は未だブランコに乗っていました
そして
20年経っても
大人になった子供達は偶に家に帰ると
未だブランコに乗っていました

私も毎年今頃になると
このブランコに乗って
背中と首をそり返し
頭上の真新しい青葉を見るのが堪らなく好き

頭上

父が力いっぱい結んだ紐は
しっかりと太くなった銀杏の枝に食い込んで

ロープ

この家に来る度にワイヤを補強して

ワイヤ

孫達と一緒に乗っていました

そろそろ30年になりますが

落っこちそうなブランコが
未だぶら下がっているのは
亡くなった父の念力でしょうか

下から