北カルフォルニアでは庭や公園、そして山道でもよくキノコを見ます。今のように寒い時期に生えているのもあれば、真夏にも出るキノコが何種類もあります。つまり一年中キノコは生えています。

庭の草取りをしていると、見るからに気味の悪いキノコだったり、これはマツタケかもしれないと思えるような美味しそうなキノコもあったり。今までで一番大きなキノコは夏芝の上に生えていた直径20cmはあるものでした。

そして今日塀の近くに見つけたのがこれ。

美味しそうなキノコ3本 

色といい何て美味しそうなキノコでしょう!

ここにも。

沢山ここをかじったカタツムリは生きているのかな。

丸で椎茸みたいじゃないですか!

そしてここにはマイタケを思わせるようなキノコも。

まいたけもどき

沢山

美味しそうでも流石に食べる勇気はありません。でも一応ネットで調べてみました。2004年のレポートに寄ると報告があっただけでもアメリカで一年に148ケースのキノコ中毒があったそうです。その中の40ケースが子供で51ケースが犬。この51ケースの犬というのを見てびっくりしました。そう云えば我が家の犬も時々草を食べている時があります。獣医に寄ると犬は草を食べる動物らしいですから、もし近くにキノコが生えていたら草と一緒に食べる可能性があるわけです。思わず口に入いる事を考えると60%を子供と犬が占めているのがうなずけます。

う〜ん矢張り引っこ抜いて捨てたほうが良いですね。
雨が又止み次第、捨てることにしましょう。早く捨てないと胞子を落として又増えますものね。

では、どんなキノコが毒キノコなのかご覧になりたい方は続きを:

●●●●●●●●●●

most deadlyな食べたら命を落とすキノコ達です。

Amanita australis Amanita australis

Amanita-muscaria Amanita-muscaria

Amanita-nothofagi Amanita-nothofagi

Amanita-phalloides Amanita-phalloides

Amanita-pekeoides Amanita-pekeoides

色の鮮やかなのが毒キノコと聞いた覚えがありますが、この写真を見る限り、そんなルールは全くないようで。専門家しか判定はできないそうですから、小さなお子様がいらっしゃるところでは庭のキノコは早めに抜いておいた方が良いですね。この辺りの日本人にオレゴン州の山の中にマツタケ狩りに行かれる方がいらっしゃるそうですが、大丈夫なのでしょうか。オレゴン産のマツタケを買った事がありますが、食感は同じでしたが、日本のマツタケ程香りはありませんでした。

抜いた方が良いと思ったら下をぽちっ。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

参考サイト

http://www.hiddenforest.co.nz/fungi/