中華風おこわ

鹿児島に山形屋という老舗のデパートがありまして、そこの地下に売られているおこわが両親の大好物でした。 町の用事を済ませたら、必ずこのデパ地下に寄って2種類のおこわを買って帰りました。 あぁ〜懐かしい。 確か鮭、山菜、赤飯?の3種類があったような。

我が家でもおこわは大好きな食べ物。 カルフォルニアではおこわと言えば、矢張り飲茶で出てくる蓮の葉包みのおこわですね。 以前はあの蓮の葉にはすのは
包んで作っていたのですが、面倒なので最近は電気釜で炊き込みで作っています。 これが簡単でとても美味しいのですから。
おこわのお好きな方、是非一度試してみてください。

おこわ、美味しそう〜と思ったら↓をクリックして応援してくださいね!



にほんブログ村 シニア日記ブログへ


作り方は続きでね! ←この続きの方が本当の続きに直行します。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


中華風炊き込みおこわの作り方

6〜7人分

作り方

(1) もち米はよく洗って2時間程水に浸しておく。 炊き込む10分前にざるにあげて、水をよくきっておく。

もち米 3カップ (600cc)


(2) 鶏がらスープに干し椎茸、干し海老を30分程浸しておく。

鶏がらスープ 280g
干し椎茸 3枚
干し海老 小さじ1/2
あれば

(3) 鶏肉は大豆の大きさくらいに切る。 海老は殻を剥き、背腸を除いて、鶏と同じ大きさに切る。 切った鶏肉と海老は一緒にして、塩少々、コーンスターチ、酒を混ぜておく。 筍、人参、インゲンマメも同じ大きさに切る。 干し椎茸をスープから取り出してしっかりと絞って(汁はスープに戻るように)これも大豆くらいの大きさに切る。

鶏肉 100g ひき肉でもよい
海老 殻付で 40g 
(下味)
X塩少々
Xコーンスターチ 小さじ2
X酒 小さじ2

人参 35g
インゲンマメ 4本
茹で筍缶詰 45g


(4) 大さじ1のサラダオイルで先ず鶏肉、海老を炒めて取り出す。 油を追加して筍、人参、インゲン、干し椎茸を炒める。 鶏肉と海老をフライパンに戻して、弱火で混ぜながら調味料(ケチャップ、醤油、砂糖、海鮮醤、ソンヨウトウチジャン(蒜蓉豆鼓醤)を加える。 具の用意が完了。

【具の調味料】最初に全部混ぜておくと便利

ケチャップ 大さじ1+1/3
醤油 小さじ2
砂糖 小さじ1
海鮮醤(ホーソンソース) 小さじ1  
これは入れなくてもOK 入れない場合は砂糖を小さじ1/2追加
李錦記 ソンヨウトウチジャン(蒜蓉豆鼓醤) 又は味噌 小さじ2/3  

(5) (2)のスープに調味料(塩、オイスターソース、胡麻油、醤油、砂糖)を加える。 この時、スープは約330cc。 水をしっかり切ったもち米とスープを炊飯器に入れて炊く。 炊き上がり15分前に3/4の具(4)をご飯の上に広げて直ぐ蓋をする 。 途中で開けられない炊飯器は炊き上がって直ぐに広げる。

塩 小さじ1/4
オイスターソース 小さじ1
胡麻油 小さじ1
酒 大さじ1
醤油 大さじ2
砂糖 小さじ2


(6) 炊き上がったらいお茶碗に盛って、具の残りを上にのせる。

もち米はちょっと水が多過ぎるとべちゃ〜っとなりますね。 私の炊飯器についてきた計量カップは200ccではないのですよ。 180ccでした。 これは昔の1合に値する量ですよね。 このレシピ、気をつけてくださいね。  もち米は200cc=1カップで計ってくださいね。

レシピ、最後まで見てくださってありがとうございました。
おこわ、美味しそう〜と思ったら↓をクリックして応援してくださいね!



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
今日もご訪問ありがとうございました。