娘の住む町に行く途中
運転中にちょっと胸がわくわくする事がありましてね
自分で子供じみて馬鹿みたいと思うのですが
この楽しみ 何度経験しても飽きないのですよ

一番良い時間帯は夕方の7時半くらいでしょうか
ところが
最近は色々と都合がありまして
午後2時とかになってしまうのですが

我が家から高速を北上していくと
最初は快晴 カリフォルニア典型のお天気で
何の変哲もない青い空が広がっています

2010_08_17_kaisei

段々娘の町に近づいてきますと
向こう側の山のてっぺんにへばりついた雲が見え始めるのです
海からの冷えた空気がこの山に沿って上がってくると
内陸の熱に接してこんな雲を作るのです
フェーン現象っていうのかな

2010_08_17_kumo

段々近づいてくると
不気味になってきますのよ
丁度ハワイのサーフィンをするような高波がぐわ〜っと押し寄せているように見えるのですよ
私には

2010_08_17_darkclouds1

こちらは晴天であちらは凄い雲
雲の下に突入すると温度は急激に下がります
高速道路の先がこの雲の中に消えている時は
もう大興奮ですよ!
波の中に飛び込んでいくような気持ちになってね

2010_08_17_darkclouds2

そしてこれが夜だったらもっとスリル満点

でこの雲に突入したらどうなるのかといいますと

特にどうってことないです

2010_08_17_under

大抵はただ上に雲があるだけ
スリルを感じるのは突入寸前までですが
夜で暗かったりすると
雲の波がもっと異様に見えて
突入後は霧が出ていたりします

いつか夜の怖い写真が撮りたいと思っていますが
じいさんが運転してくれる時だな
じいさんは滅多に娘のアパートにはついてきませんから
なかなかチャンスがないのです

この雲が見えるところに展望台があり
いつ行っても数台の車が止まっているので
私みたいにこの山にカーペットを投げかけたような
雲形成に興味を感じている人がいるのかもしれません。

2010_08_17_clouds3

2010_08_17_clouds5


これは内陸の温度が高い夏だけの楽しみです。



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
今日もご訪問有難うございました。