又もやアメリカ全国でサルモネラ菌に汚染された卵のリコールだそうです。 サンタクララカウンティーでも38人の入院患者が出たというニュースでした。アメリカでは健康保険の関係上、相当重症でないと入院はできませんから酷かったのでしょうね。
冷蔵庫の卵、リコールチェックした方が良さそうですね。

リコールの対象になっているのはアイオワ州、Galt市にある卵の販売会社 Wright County Eggが取り扱った卵全部。

Lucerne
Albertsons
Mountain Dairy
Ralph's
Boomsma's
Sunshine
Hillandale
Trafficanda
Farm Fresh
Shoreland
Lund
Dutch Farms
Kemps

Plant ナンバーが  1026, 1413, 1946
Date ナンバーが 136 から 225 
という事は賞味期限が5月16日から8月13日という意味だそうです。

食後、12時間から72時間後に下痢、熱、腹痛、吐き気等の症状が表れます。
卵はきれいに洗ってから使いましょう。 サルモネラ菌は卵の殻の外だけでなく、中にも滲入しているので卵は完全に火を通してから食べるようにとニュースには書かれてありました。
重症の場合は死亡することもあります。 特に幼児、お年寄りは重症になりやすい。

先週の金曜日にリコールが始まってからは現在リコールの品物はお店には出ていませんが、それ以前に買った卵は要注意。 だから冷蔵庫の卵、チェックしましょうね。 リコールリストにある卵は直ちに捨てるか、買ったお店に持っていって返金してもらえるそうです。

半熟卵がアメリカで食べられない理由はこれでした。
もう若くないから気をつけなくちゃ〜。

ニュース源:サンホゼマーキュリー(英語)



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
今日もご訪問有難うございました。