久し振りに娘が泊まって帰りました。 
いつもはじいさんも私も好きな時に好きな場所で朝ごはんを食べるのだけど、娘が帰ると何気に娘の近くに寄っています。 私もじいさんも。

そして必ず朝始まるのが娘が見た夢の話。 その後はじいさんが見た夢の話。 私は夢と聞いただけで真面目に聞く気を失ってしまうのです。 現実でも色んな心配事があって頭がどうかなりそうなのに、その上、 二人の夢まで聞いて気を揉んでいる余裕がないのです。

それに私は夢を見ないので話すこともないし。
いつからかな、夢をみなくなりました。 と思っていたら、つい最近朝目が覚めたら断片的に夢が思い出されてきたのです。 夢は見ているのだけど、それを忘れてしまうので見ていないと思い込んでいるのではないかと思い始めました。 

母は長年不眠症でしたが、何時頃からだったでしょうか、70歳を過ぎたあたりから毎晩ぐっすり眠るようになって夢も全く見なくなったと言っておりました。 今から考えるとその頃から認知症が始まったのでしょうか。 夢を見ないと言う=夢を忘れる=認知症 というような関係があるのでしょうか。

この二人が夢の話を始めると、直ぐこんなことを考えてしまう。

そう言えばこの1年、ちび(犬)がよく夢にうなされるようになりました。 先日はベッドで寝ていると急に「きゃ〜ん」と言って起き上がったのでびっくりしました。 寝ながらにして大きな声で吠え始める時もあります。
 
ちびも話せるならじいさんと娘の会話に仲間入りしているのかな。
ちびの夢の話なら聞いてみたいと思いました。

今日は今年で一番暑い日でした。
  午後3時6分 外は35度 部屋の中は冷房なしで22.8度。
2010_08_23_c
Fでは下の通り。
2010_08_23_f
冷房なしでも閉め切っていると寒いくらいです。
理由はこちらに書いたことがありました
昨日から光化学スモッグ予報が出ています。 明日はもっと暑くなるそうですから熱中症に気をつけましょう。




にほんブログ村 シニア日記ブログへ
今日もご訪問有難うございました。