今日はアメリカはメモリアルデー(お盆)です
きっと全国の墓地が賑やかな事でしょう
夕方 墓地の門が閉じてからじいさんとお墓参りの予定です
車では入れなくなりますが横の小さな門から歩いて入れるのです
小さなお墓ですから歩いても大した距離ではありません

アメリカで納骨して欲しいという父の遺言で
2004年にいくつかお墓を見て回ることになったのですが
アメリカのお墓も多様です
お墓の規則が色々と違うのです
大きな違いは墓石の入れ方でしょうか
土の中に平坦に埋め込む方法と
日本のように直立させる方法があり
なかには直立禁止の墓地もあります
平坦に埋め込むと
大きな車の様な芝刈り機で一度に芝が刈ることができて維持が簡単だからです
両親の墓地は直立OKなので良かったです
墓石のサイズの限界が決まっています
色々な宗教の人が集まっていますから
極端に変わった大きな墓石では美観を損ねるからでしょう

墓地の中にはこのような小屋がいくつかあり

2012_05_28-hut

供花用の花瓶がおいてあります
重ねられた緑色の三角錐が花瓶です

2012_05_28-cones

これに水を入れて尖った部分を土の中に差し込むんですね

2012_05_28-stand

毎週木曜日芝刈りをする時に全ての花瓶が回収されてお花が捨てられます
木曜日にはお花を入れない方が良いですね
除かれたお花は腐葉土にリサイクルされるので
この墓地ではプラスティックや紙のお花は禁止なのです

鉢植えのお花の場合 墓石の上に置いておくと
そして枯れていなければ捨てられません
枯れていれば鉢ごと捨てられてしまいます
枯れたお花がいつまで置いてあるのはみっともないですものね

両親が亡くなった年に沢山庭にバラの木を植えました
お墓参りの為です

セクシーレクシー
2012_05_28-rexy
タッチオブクラス
2012_05_28-touch

両親が我が家で生ったトマトが大好きだったので
夏は庭で生った果物やお野菜も持って行きますが
食べ物を置いて帰るのは禁止されています
熊やマウンテンライオンが出るところですから
野生動物をひきつけない為でしょう

1週間前家族と来た時息子から撮られた娘と私
あくびのシンクロナイズ
ちびも連れてきたかったのですがペットは禁止です

2012_05_28-ywan

今日もご訪問有難うございました。 
にほんブログ村 シニア日記ブログへ