【賛同・署名 締切:7/31午後22時】 国連「健康に生きる権利」特別報告者の勧告を支持します。
日本政府は勧告を受け入れて/原発被害者の「生きる権利」を保障してください。
抜本的な政策の見直しを行ってください。
こちら


ちょびこさんから経過報告です。
炎天下に黒い袋に入れられて雨でびしょびしょになって捨てられていた子猫2匹 黒ちゃんと白ちゃんの里親募集をしていましたが白ちゃんの里親が決まりました! もう引渡しが終わったそうです。 白ちゃん、本当に良かったですね。 里親さんから何度も携帯で撮られた写真が来ているそうです。 とても可愛がられているのでしょう。 

そして黒ちゃんにもどうぞ里親を見つけてください。
黒ちゃんはネコジルシというサイトで里親募集を続けています。 こちら
ペットのおうちの黒ちゃんです。
ロンリーペットの黒ちゃん
ちょびこさんと連絡がつかない場合はここのコメント欄にメッセージを残してください。

黒ちゃん(メス) 
2013-06-25-kurochanl
2013-07-13-kuro

姫路市、倉敷市、広島市方面に住んでいらっしゃる方 

devider

桃の焼き菓子

2013-07-21-fruitscrumbles

2013-07-21-berrycrumbles

今日の焼き菓子はPeach and Blueberry Crumbles/桃とブルーベリーのクランブルズ
入っている果物は黄桃とブルーベリーですが
代わりにリンゴ 梨 白桃 ラズベリー イチジク等
焼いたら美味しい果物なら何でもOKです。

材料 直径9x5cm(3.5x2inch)のココット皿 5つ分
又は 直径20僂離織襯鳩拭1つ分

●黄桃 450g (硬めの桃がいいです) 中サイズが3個位
●レモン皮 1個分
●レモン汁 大さじ1
●砂糖 大さじ2
●小麦粉 大さじ2+1/2 (中力粉又は強力粉)
●ブルーベリー 1/2カップ (生でも冷凍でもOK)

上からかける粉(クランブルズ)

●中力粉 120cc (アメリカの1/2カップ  all purpose flour)
●ブラウンシュガー 大さじ2+1/2 (白砂糖でもOK)
●海塩 小さじ1/4
●粉末シナモン 小さじ1/8位
●ココナツオイル 大さじ3 (40g) 代わりにバター、 オリーブオイル半々

(1) ココットに薄くサラダオイルを塗っておきます。
桃は30秒〜1分 熱湯にくぐらせて水に浸け、皮を剥きます。

2013-07-21-peaches

(2) それを2cm位の幅で縦にスライスして更に二つに切ります。 ボウルに切った桃、レモン皮、レモン汁、砂糖、粉を入れて混ぜ、ブルーベリーを加えて更に混ぜてクランブルズを作る間置いておきます。

2013-07-21-bowl

(3) 別のボウルにクランブルズの材料を全部入れてココナツオイル(又はバターかサラダオイル)を指先で粉にすり込むように混ぜていきます。 白っぽい粉が濡れたような色になってきます。 油が均等に混ざったら、先ずココットに用意した桃を入れて

2013-07-21-cot

上からクランブルズを振りかけます。

2013-07-21-crumble

(4) 175度C(350度F)に予熱したオーブンに入れて40分位 粉が茶色になるくらいまで焼きます。

2013-07-21-baked

熱くても冷えても美味しいです。 アイスクリームやフローズンヨーグルトがあったらもっと美味しくなりますね。

犬の薄目

ちびは日中 つまり外が明るい間は玄関に置いてある寝床で昼寝をしますが
暗くなると必ず私の部屋に来て
机の横の寝床で寝ています。
夜 ここでブログを書いている時 ちびはいつも私の横で寝ているのです。

2013-07-06-chibi1

私は集中力がないので 20分に一度くらいは何かと台所と机の間を行ったり来たりするのですが
ちびは私が席を離れる度に
目を覚まして私の後をついてくるのです。

煮ている豆を見に行ったり オーブンの温度を見に行ったり
或いは スナックを取りに行ったり数秒で終わる
ほんのちょっとした間なのにいちいちついてくるんですね。
眠りを妨害するのが可哀想で
なるだけちびから離れて 起こさないように動くのですが
必ず 目を覚ますのです。

2013-07-06-chibi3

よかった〜 目を覚まさなかったと思って台所にいると
ちゃんと気がついて眠たそう〜に追ってくる。。。
私が机に戻るとちびも寝床に戻ります。
この繰り返しです。

2013-07-06-chibi5

犬は目を閉じているようでちゃんと見ているのでしょうね。
今夜 写真を拡大してみたら 矢張り薄目をしていました。

2013-07-06-chibi7

耳は聞こえない 目もよく見えないで床においてあるものや壁にもぶつかります。
それなのに私が部屋を出るのに気がつくんですね。
しかもこんな薄目でね。
そして時刻もよく分かるみたいです。
夜中の1時を過ぎると私が立つ度に
興奮して寝室にすっ飛んで行こうとします。
犬は本当に不思議な動物です。


最後まで拙文をお読み下さりありがとうございました。
どちらでも一つ押してくださるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログへ