お昼頃 娘からじいさんに電話がありました
かなり焦った声です

娘がwebカメラでバードハウスを見ていたら
大きな鳥 oak titmouseが枯れ枝を
嘴にくわえて中に入ろうとしているのですと

このバードハウスは入り口が直径2.85cm(1 1/8") で
三種類の小さな鳥しか入れません
早く言えばここはサイズSしかダメなんですよ

そこに無理やりサイズMの鳥が入ろうとしている訳です

大きな身体を無理やり入り口に入れようとしているのです
1回 2回 3回 も失敗
それでも諦めずに
4回目で体を押し込んだら 
とうとう入っちゃったと言いますがね

さぁ〜大変!
出てこられるのでしょうか
なかなか出てきません
娘はハラハラして見ていたら
webカメラが凍結してしまった...と言うのですよ


じいさんが確認したら 誰もいませんでした
無事に出られたようです


ちょっとね〜身につまされましたよ

先日買ったシャツ サイズSだったのですよ
胴から上はまぁまぁなのですが
胴から下が窮屈でね〜
ちょっと手を上げてから 手を下ろすと
シャツの裾が上がったまま
分かります?


因みにこのoak titmouse用のハウスの入り口は
3.17cm (1 1/4")だそうです
たったの0.32cmの違いですよ

これだけの違いで鳥の種類が決まるとは
自然界の動物は厳しいですね

じいさんが今うちの玄関のジョークを言っていますよ
じいさん 困るのは貴方が先ですがね


今日もご訪問有難うございました
今日も楽しい日にしたいと思います
一つだけ クリックして応援して下さると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ blogmuraturedure blogmurahomecooking2