2024-05-16-pasta1

焼きナスとボロネーゼ・パスタ

馬鹿にできない病気

マダニに噛まれて発病するライム病は
50年前カリフォルニアには存在しなかった病気だったので
お友達がかかった時 何だか分からず
診断がつくのに一年もかかったそうです
(当時はアメリカ東部だけと言われていた)

診断後は抗生物質を3年間飲んで今は完治されていますが
記憶がなくなったり症状も薬も大変だったそうです

verywellhealthから
ステージ1で
ティックに噛まれて30日以内に 発疹  微熱

ステージ2で
数カ月後 心臓炎 急性リュウマチ熱 髄膜炎

ステージ3で
関節炎 慢性リュウマチ 

今はカリフォルニアだけでなく 日本でもこのマダニが生息しているようですね
国立感染症研究所から

週末パーカーランチトレイルを歩いた時
マダニが凄かったのですよ
こんなに沢山かたまって見たのは初めて!

トレイルになびいている植物の先には一杯マダニが付いていました

2024-05-16-tick3

動物や人間が触るのを待っているのですよ

2024-05-16-tick4

こんなにマダニが発生している時は
トレイルの真ん中を歩くようにしないといけませんね
細いトレイルは危ないですね

2024-05-16-tick1

ハイキングが終わって車に入る前に お互いのマダニチェックをするといいです
幸いマダニは1mm〜4mmはあるので肉眼で見つけやすいです
マダニも種類があって菌を持っているのといないのとあるようです

こんな山道でなくても 住宅地の散歩で
ちびが2回 マダニに噛まれたことがありましたよ
瞼が腫れて 腫れた皮膚の間から黒い毛のようなマダニの足が2本出ていました
体の部分は瞼で埋もれていました

犬も山は歩かせない方がいいですが 
蚤とマダニがつかなくなるSimparicaという一ヶ月に一回飲ませる薬があります

ここに住んでいるとマダニの存在にも慣れてしまうのですが
ライム病は本当に怖いです
リュウマチやら神経系に後遺症が残る人もいるそうです

犬達のフォトアルバム

2024-05-16-oreo1

お手数をおかけしますが
色々とクリックしてくださると嬉しいです

ちびは20歳4ヶ月のトイプードルでした
にほんブログ村 海外生活ブログへrecipe_blog